リアル心霊体験談

怖い話・SF

気づいたら8月もやがて終わりですね!


毎年この時期は友達と集まって、ゲオで怖い話のDVDを借りてみんなで飲みながら見ていたのですが、

今年はコロナでそれもできませんでした。。。


高校の時からやっている事なので、それができなかったのはちょっと残念ですね。
※高校の時はお酒ではなく、ジュースを飲んでいます


昔は怖い話系の番組が毎週やってたり、特番も頻繁にあったりしましたが、

最近は全くやらなくなった気がするのはヒデキチだけかな?

ヒデキチの体験した恐怖体験


さて、それは置いといて


数年前に、ヒデキチは心霊現象を実際に体験することがあったのでこちらに書こうと思います。

今は時間が経って思い出になっていますが、その時は本当に怖く、しばらくは夜に外に出れなくなりました。


前は健康のために、毎日1時間程ウォーキングをしているのですが、

その時に経験した話になります。

いつもは外が暗くなる前にウォーキングに行くのですが、その日は会社で残業があったのと、

家で行う作業があったため、気づいたら夜中の12時頃になっていました。


そんだけ遅れたなら行かなければよかったのですが、

翌日が休日であることと、健康診断が近づいていたので、

ちょっとでも痩せたいと思い、予定通り、ウォーキングに行くことにしました。


いつも歩いているコースを進んでいると、いつも通る道が工事をしており

通ることができませんでした。


工事現場には迂回路の看板があり、いままで通ったことの無かった道ですが、

自分が知っている他の道はかなり前に戻らないと行けないので、その迂回路を通ることにしました。


その道に入って数分、地図ではすぐに元の道に戻れると書いていたのですが、

暗くて道を間違ってしまったのか、どんどん路地裏に進んでしまい、

気づいたら、知らないマンションの前に出ていました。

不気味なマンション

そのマンションはこの辺りの他の建物とは違い、かなり古い作りのようで

全体的に汚れており、壁面にも蔦やコケが生えていました。


入口辺りには駐輪場のようなところがありましたが、

サビがひどくパンクしているものや、壊れているものがほとんどで

乗れない自転車が大量に放置されていました。


また12時と遅い時間ではありますが、どの部屋の電気もついておらず

唯一光っているのはマンション近くの電柱だけで、

かなり気味悪かったです。

直ぐにもと来た道に戻ろうと、後ろを振り返り歩き出そうとしたところ、

そのマンションから人の視線を感じ、気になり歩き出すことができなくなりました。


今覚えば、そんなのを気にせずもとの道に戻ればよかったと思います。


その視線の先が気になってしまい、少し顔を上げて確認してみると

マンションの外側にある4階から5階に上がる階段のところに、

シルエットだけしか認識できなかったのですが、男性らしき人影がありました。

夜の階段


マンションの住民が買い物から帰ってきて、階段で休憩しているのかと思ったのですが

マンションの入り口は、自分がいるところだけなのでそれはありえません。


住民がたばこを吸うために、階段にでもいるのかとも考えられたのですが、

明かりも無く真っ暗な階段で、ただぼーっと立っているようで、

いっこうにたばこを出す気配も動く気配もありません。


しばらくそのまま見ていたのですが、突然その人影が階段を少し上り、

端まで上がったところで階段の手すりになっている塀から


何度か頭を出して地面の方向を見ているような動作をしているようでした。

それか少しするとおもむろにそのまま塀を登り、塀の上に立ちました。


相手はその時に自分の事を認識したのか、顔がこちらを向いているようで、
ただ距離が離れていたことと、暗かったため相手の顔はヒデキチの方では見ることはできませんでした。


そのままその男性は一度自分から目を離すと、地面までは10m以上も高さがある塀から、

躊躇なく飛び降りました。

あまりの衝撃にそのまま目で追ってしまったのですが、丁度その人が落ちたと思われるところは、

ヒデキチが見ているところから死角になっており、どんな状態かわかりませんでした。


その時に少し違和感を感じたのですが、そんなことより早めに救急車を呼べれば助けられると思い、

急いでその場所に向かったところ・・・そこには何もありませんでした。


そしてその時に自分が感じていた、違和感に気づきました。


その男性が飛び降りてから落ちるまで物音が一切しなかったのです。


夜中であたりは静まり返っており、ちょっとした足音でも聞こえるぐらいなのに、

何も音がしなかったのです。


人が落ちたのなら、間違いなく地面にぶつかる音がするはずなのに・・・・


気づいた瞬間全身の毛が逆立ち、あたりになんとも言えない重い空気が・・・

そして、また人の視線が

しかも視線を感じるのは、先ほど男性が飛び降りた階段のところから


ヒデキチは怖くなり、急いで最初にいたマンションの入り口前の通路に向かって走り出しました。


そのまま怖くてしばらく固まっていたのですが、

ただその間もずっと視線は感じていました。

ある程度すると身体も動くようになったので、頭を上げずに

もとのマンションの入り口あたりまで戻りました。

ただもどってもまだ視線を感じたため

勇気を出して振り返ってみると
先ほどの階段のところに、飛び降りたはずの男性が同じ姿のまま立っていました。


ヒデキチは何かの見間違いかと思い、怖い気持ちもありましたが、

なぜかそのまま見続けてしまいました。


すると

先ほどの映像が巻き戻しのように

飛び降りてその男性がまた出てきて飛び降りるの繰り返しが・・・


そこでそれは人じゃないと理解し、そこから逃げるように家に帰りました。


家に帰ったところで、翌日合う予定のあった友人から電話があり、

今日あった内容を伝えたところ、友人も気になったようで明日一緒に

そのマンションまで行くことになりました。


翌日、友人を引きつれて昨日のマンションに行くと、建物が消えてるなどは無く

昨日見たままのマンションがそこにはありました。

廃れたマンション

昨日は夜だったので気づかなかったのですが、マンションを見てみると

どこも洗濯物が干されておらず、また窓もカーテンなどがかかっていなく

人が生活してる感じがありませんでした。


あまり良くないことだとは思ったのですが、マンションの入り口近くにある

郵便受けをみたらかなり汚れていてクモの巣まであり、人が使っている気配がありませんでした。


近くに人もいなく、マンションの前でしばらく待ったのですが誰も出てこなかったので、

その日はそのまま帰りました。


後日友達がネットで調べた情報によると

昔そのマンションでは住人が孤独死したり、

飛び降り自殺をした人がいる、曰く付きの物件でした。

そもそもマンションには入居者もいないらしく、

建物自体も劣化しているので取り壊す話が上がっていたそうです。

あくまで友達がネットで調べた情報だけのため、それが本当の話なのかは解りませんが
もしかすると、ヒデキチが見たいのはその飛び降り自殺した人の霊だったかもしれません。

余談

ヒデキチは怖い話や映像を見るのは好きですが

幽霊がいるとは思っていませんでした。

ただこんな体験をした事で、今はいるかもしれないと思っています。

ただそれ以降は見たことがないので、もしかしたら疲れが溜まっていて、夢か

幻覚だった可能性もありますが。。。。

あまり怖くはないですが、最後までお読み頂きありがとうございました!